大本から世界救世教、竹内文書、世界真光文明教、崇教真光へ

新興宗教は日本国の経済発展に便乗して教団を伸ばすことができた

真鍮製のペンダントお光さんと御み霊(オミタマ)と手かざしのカラクリ

真光の業・私の体験記へ戻る


  

この年表では真光系と言われる神幽現救世真光文明教団・ス光光波世界神団・真光正法之會・主神正法会・神聖位山真光神団などには触れておりません
世界の出来事   西暦  和暦 真光関連の出来事  竹内文書など 教祖の年齢   影響を受けた  
 1891  明治                
   1892 25 「大本」立教 開祖出口ナオ(55歳)
「三千世界一度に咲く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ」  
             
   1893 26                    
 日清戦争  1894 27                    
台湾併合(日本領)   1895 28                    
   1896 29                    
   1897  30                    
   1898 31                    
   1899  32 出口王仁三郎(上田喜三郎)大本へ                 
   1900 33 出口王仁三郎(28歳)がナオの五女スミコと結婚                
   1901  34  光玉(岡田良一)誕生    玉            
   1902  35      1            
   1903  36      2              
 日露戦争  1904  37      3              
   1905  38      4            
   1906  39      5              
   1907  40      6              
   1908  41      7              
   1909  42      8              
 韓国併合  1910  43 竹内巨麿が「竹内文書」公開 天津教を興す
後に宗教法人皇祖皇太神宮天津教となる(茨城県北茨城市) 
 9            
   1911  44      10              
   1912  大正      11            
   1913  大 2      12              
   1914  大 3      13          
   1915  大 4    14            
   1916  大 5      15              
   1917  大 6  光玉の父・岡田稲三郎陸軍主計官が54歳で死亡   16              
   1918  大 7      17              
   1919  大 8    第1次大本弾圧事件  18              
   1920  大 9 光玉(良一)陸軍士官学校入学    19              
 1921  大10 出口王仁三郎「霊界物語」第一巻発行   20              
酒井勝軍:「神秘の日本」を発刊 (月刊「竹内文書の解説書) 
   1922   大11 光玉(良一)陸軍士官学校卒業  ↓  21              
 関東大震災  1923   大12    ↓  22              
   1924   大13  ↓  23              
   1925   大14    ↓「神秘の日本」はこの年まで続いた  24              
   1926  昭和      25              
   1927 昭2      26              
   1928  昭3      27              
   1929  昭4   聖珠誕生 (井上甲子)  28   珠            
   1930  昭5 谷口雅春が 大本の分派「生長の家」を創設  29  1            
   1931  昭6      30  2            
   1932  昭7      31  3            
   1933  昭8      32  4            
   1934 昭 9      33  5            
   1935  昭10 第2次「大本」弾圧事件 壊滅的被害を受ける  34  6      

「世界救世教」
立教  大本(教)の幹部だった岡田茂吉(54歳)が独立(岡田光玉とは同姓だが血縁関係はない)

「おひかり」と言うペンダントを首にかけ
「浄霊」急所に「手かざし」をして病気を癒やす?
真光では「オミタマ」「オキヨメ」「手かざし」 
 二.二六事件  1936 昭11      35  7            
 日中戦争始まる  1937  昭12      36  8          
   1938  昭13  光玉(良一)落馬(3ヶ月の入院)   37  9            
 第二次世界大戦始まる  1939  昭14      38  10          
   1940  昭15      39  11            
 太平洋戦争始まる  1941  昭16 光玉(良一) 仏印軍司令部付 鉄道輸送責任者 (大聖68ページ)光玉 カリエス再発 養生先で聖珠(井上甲子)と出会う 光玉 飛行機会社?着手  40  12          
 ミッドウェー海戦日本軍大敗 1942  昭17  光玉は飛行機会社?設立。 光玉は言う「王侯のような生活」(会社が儲かっていたと光玉は言うが?たったの3年では無理)

実は光玉の妻の実家の遺産を食い潰して豪遊していた
 41  13            
   1943  昭18  42  14          
 サイパン島の日本軍玉砕  1944  昭19  43  15            
 長崎・広島に原爆投下  1945 昭20 光玉の飛行機会社?空爆で焼失   44  16          
8月15日 第二次世界大戦終戦
日本はアメリカの占領下となる
マッカーサー
 日本国憲法発布・宗教的結社の自由  1946  昭21   光央誕生(手島泰六)  45  17  央          
   1947  昭22  光玉(岡田良一)と聖珠(井上甲子)が一緒に世界救世教に入信  46  18  1          
   1948  昭23      47  19  2          
   1949  昭24  光玉は世界救世教の天国会・荻窪支部長(すでに宗教で給料を貰っていた)
光玉は
「仲道」を名のり仲道先生とか呼ばれていたらしい?
 48  20  3          
 朝鮮動乱  1950  昭25      49  21  4          
朝鮮特需で 米軍からの発注により日本は経済的に大きく発展した  1951  昭26 サンフランシスコ講和条約 日本国独立 ※    50  22  5          
 1952  昭27 光玉(良一) 世界救世教を破門になる(失業した)  51  23  6          
   1953  昭28 光玉が光開発(不動産屋ブローカー)はじめる、多田建設の傘下 光玉は 「岡田龍道」の名を使って手かざしをしていた   52  24  7          
   1954 昭29  53  25  8          
 日本経済の高度成長期始まる  1955  昭30  世界救世教の岡田茂吉 昇天(光玉と同姓だが他人)   54  26  9          
   1956  昭31 光玉(良一)は妻子と離別・愛人の聖珠と養子縁組  55  27  10          
   1957 昭32  56  28  11          
   1958 昭33  57  29  12          
 伊勢湾台風  1959  昭34
真光の立教「光玉」を名のる
「LH陽光子の友」を設立(宗教法人ではなく個人的な組織)
 58  30  13    
 日米安保(60年安保)  1960  昭35      59  31  14        
 ベトナム特需
国民皆保険(国保) 
 1961  昭36  8月光玉「聖玉」を名のる  60  32  15        
   1962 昭37  第一回中級研修5月1日 上級研修11月10日   61 33  16          
 ケネディ大統領暗殺  1963  昭38   宗教法人「世界真光文明教団」を立教  62  34  17        
 東京オリンピック  1964  昭39    7月に初台で光央が初級研修  63  35  18        
   1965  昭40    64  36  19        
   1966  昭41      65  37  20        
   1967  昭42      66  38  21        
   1968  昭43  5月 光玉「聖凰」を名のる    67  39  22        
 東名高速開通 アポロ月到着  1969  昭44      68  40  23        
   1970  昭45      69  41  24          
   1971  昭46      70  42  25          
 札幌冬季オリンピック・沖縄返還  1972  昭47  10月光玉「救い主」を名のる  熱海元み霊座  71  43  26          
   1973  昭48      72  44  27          
   1974  昭49  6月23日光玉病死 享年73歳 2代目継承問題裁判へ   73  45  28          
関口栄(65歳)が世界真光文明教二代目を継承  
   1975  昭50      46  29          
   1976  昭51        47  30          
   1977  昭52        48  31          
 日中和平友好条約  1978  昭53
「崇教真光」
を設立
 裁判で敗れた恵珠(聖珠)が二代目
   49  32      
   1979  昭54        50  33        
   1980 昭55        51  34        
   1981  昭56        52  35        
   1982  昭57        53  36        
   1983  昭58        54  37        
   1984  昭59  世界総本山 元主大神宮建立 神名:聖珠となる     55  38        
麻原 彰晃による「 オウム真理教」始まる
   1985  昭60        56 39         
   1986 昭61        57  40        
   1987 昭62        58  41          
   1988  昭63  本山で映画大霊界の撮影 丹波哲郎     59  42          
昭和天皇崩御  1989  平成 昭和64年 1月7日 平成元年       60  43          
   1990 平2        61  44          
   1991  平3        62  45          
   1992  平4  光神殿完成      63  46          
   1993  平5  岡田晃弥(手島泰六)養子になる (高丙文:5月に初級研修)    64  47          
   1994 平6        65  48          
 阪神淡路大震災  1995  平7 3月20日 オウム真理教による 地下鉄サリン事件    66  49          
 アトランタオリンピック  1996  平8 「オウム真理教」法人格喪失するが「アレフ」として存続
  (高丙文:10月中級研修)
   67  50          
   1997 平 9        68  51          
   1998  平10        69  52          
   1999  平11   光記念館・開館4月    70  53          
 シドニーオリンピック  2000  平12      71  54          
   2001  平13    (高丙文:3月上級研修)    72  55          
   2002  平14  3代目代理晃弥      73  56          
   2003  平15        74  57          
 アテネオリンピック  2004 平16        75  58          
   2005  平17        76  59          
 悠仁親王殿下誕生  2006  平18        77  60          
   2007  平19        78  61          
 北京オリンピック  2008  平20        79  62          
 オバマ大統領  2009 平21  
 3代目教え主光央11月1日
   80  63
   2010  平22        81  64
 東日本大震災3月11日  2011 平23        82  65  
 ロンドンオリンピック  2012 平24  (高丙文:9月ブログ始める)    83  66    
   2013  平25     (高丙文:12月崇教真光を退会)    84  67      
   2014  平26        85  68      
   2015  平27        86  69      
リオ・オリンピック   2016  平28 9月18日 二代目聖珠死亡  享年86才      70          

昭和20年日本は敗戦により大都市は焼け野原となり従来の習慣から解放された。昭和21年新憲法の発布により思想信条の自由、宗教結社の自由が保障された。朝鮮動乱とベトナム戦争にる影響が大きいと思うが、1955年ころから日本の経済が大きく成長期にはいり、経済的な恩恵を「うちの神様の御蔭」として真光も他の新興宗教も一斉に勢力を拡大することができた。また洗濯機、炊飯器などの文明の利器の開発により重労働だった家事から解放された主婦達も当時は未だ社会進出する環境が整ってなかったため、新興宗教の勢力拡大に貢献した・・・と私は考えている。 {表の赤字。白抜き文字に注目}

真光の業 私の体験談へ戻る




関連書籍リンク オミタマ facebook高丙文 twitter高丙文 下書きブログ